どうぶつの森に移住しました。

どうぶつの森に移住しました。

攻略法・裏技・最新情報まとめ!

『きっさハトの巣』でアルバイトをする方法と「手当て」でもらえるアイテム

f:id:muhuhu:20170119135306j:plain

最近、うさこは『きっさハトの巣』でアルバイトをはじめました!

カフェには色んな住民が来店するので楽しいですし、アルバイトが終わると「お手当」がもらえて嬉しいですよ。

まだカフェのアルバイトをしていない人のために、アルバイトする方法ともらえるアイテムをまとめてみました。

スポンサーリンク
 

『きっさハトの巣』をオープンする条件

とび森を遊んでいる人なら、みんな『きっさハトの巣』をオープンさせていると思いますが、念のためにオープンする方法をおさらいしておきましょう。

自分の村に『きっさハトの巣』を作りたい時の条件はこの2つです。

  • 博物館の改築で2階ができている
  • 博物館への寄贈が50以上ある

この2つの条件を満たすと、博物館のフータからカフェのオープンを相談されます。

相談された後に役場に行くと、公共事業にカフェのオープンが加わっていますよ。費用は29万8000ベルです。

カフェでアルバイトする方法

『きっさハトの巣』には無口なマスターがいるのですが、コーヒーを飲みに通うたび、少しずつ打ち解けていきます。

常連度があがるたびに、コーヒーの好みが選べるようになったりアルバイトできるようになるのですが、常連度の上げ方はなるべく頻繁に通うこと。

毎日通えばどんどん上がりますが、日にちがあけばあくほど上がりにくくなります。少なくとも3日に1回くらいはコーヒーを飲みに行きましょうね。

f:id:muhuhu:20170119140545j:plain

常連度を上げれば、ミルクたっぷりのまろやかコーヒーが飲めますよ。

お客さんの好みに合わせてコーヒーを作ろう

カフェのアルバイトでは、お客さんのコーヒーの好みに合わせられれば、みんなにほめてもらえます。

f:id:muhuhu:20170119141156j:plain

そして、最後にもらうマスターからの「お手当」も、良いものがもらえるのです。

f:id:muhuhu:20170119141227j:plain

f:id:muhuhu:20170119141236j:plain

スポンサーリンク
 

住民のコーヒーの好みは色々…

1回のアルバイトで来店する住民は4人。

住民の味の好みは、コーヒー豆の種類、ミルクの量、砂糖の数の3つを選ぶようになっているのですが、これは住民ごとに細かく分かれている上にヒントとかも無いんです。

なので、はっきり言って攻略本がないと当らないと思います…

f:id:muhuhu:20170119143703j:plain

私もカフェでアルバイトする時は、攻略本を見ながらコーヒーを作っていますよ。

攻略本選びの注意点

住民のコーヒーの好みを知るために攻略本を選ぶ時には注意点があります。

昨年の11月に『とびだせどうぶつの森』が『amiiboプラス』にアップデートされてからは、新しい住民が追加されました。

そのため、新しく発売された攻略本のほとんどは、追加された住民だけのコーヒーの好みが書かれていて、以前からの住民の好みは書かれていません。

また、前からある攻略本には以前からの住民の好みは書いてありますが、新しく追加された住民の好みは書いてないです。

ですから、もしこれから攻略本を買おうと思っている人は、以前からの住民と新しい住民の両方のコーヒーの好みが掲載されている攻略本にしてくださいね。

うさこのオススメはこの攻略本です。

とびだせ どうぶつの森 amiibo+ ザ・コンプリートガイド

電撃のコンプリートガイドは、住民のデータが網羅されていて読みやすいですよ。既存の情報から新しいものまで、幅広く分かりやすくまとまっている一冊です。

ちなみに、前に紹介した『ずっとずっと遊ぶ本』には、新しい住民のコーヒーの好みしか書いてないです…

アルバイトでもらえるアイテム

  • ふつうのコーヒーまめ
  • よいコーヒーまめ
  • とてもよいコーヒーまめ
  • コーヒーメーカー
  • エスプレッソマシーン
  • サイフォン
  • コーヒーカップ
  • シュガー&ミルク
  • コーヒーミル
  • カフェのせいふく
  • ノッポマスターはにわ
  • ナミマスターはにわ
  • チビマスターはにわ
  • デカマスターはにわ

 カフェのアルバイトでもらえるアイテムはすべて「非売品」なので、自分で働いた分だけ手に入るんです。

住民の好みを把握するのは大変ですが、1つずつが特別なアイテムなので、絶対に揃えておきたいですね!

こちらの記事もどうぞ

スポンサーリンク