どうぶつの森に移住しました。

Doumori-Life

「どうぶつの森」攻略法・裏技・最新情報まとめ!

とび森amiibo+攻略本『ずっとずっと遊ぶ本』の感想をまとめてみました

12月1日に発売された攻略本『とびだせどうぶつの森amiibo+ずっとずっと遊ぶ本』を購入して、ひと通り読みました。

この本は「ファミ通」責任編集で、とび森がamiiboプラスにアップデートされてから新しくなったことや、新しく追加された要素を分かりやすくまとめてあります。

とび森がアップデートされてから、「どこがどう新しくなったんだろう?」ってギモンに思うことも多かったのですが、この本のおかげでやっと理解できそうです。

ということで今回は、この『ずっとずっと遊ぶ本』の内容や、読んでみた感想をまとめてみようと思います!

とびだせ どうぶつの森 amiibo+ ずっとずっと遊ぶ本

『ずっとずっと遊ぶ本』の内容

『とびだせどうぶつの森amiibo+ずっとずっと遊ぶ本』は、大きく分けて4つのことが詳しく書かれてある本です。

お部屋のコーディネート

まず1つめは、「お部屋のコーデ例」で、色々なテーマでコーディネートしたお部屋が紹介されています。

そのお部屋を作るために必要なアイテムや作り方が分かりやすく書いてありますし、アイテムの入手方法まで書かれていてすっごく参考になります。

コーデ例になっているお部屋は、どれもこれもとにかくすごいんですよ。「さすがプロが考えたコーディネートだなぁ」って感動してしまいました。

とび森のお部屋って、何も考えずにアイテムをつめこむとゴチャゴチャした部屋になっちゃうので、こんな風にアイテムの種類や必要な数まで解説してくれるのは嬉しいです。

今すぐ真似したいコーデ例もありましたし、私のように、1からお部屋作りをやり直そうと思っている人にとっては、すごく参考になりますよ。

追加システム

2つめは「追加システムの解説」で、今回のアップデートで「とび森」がどんなふうに変化したのかを解説してくれています。

オートキャンプ場に住人を呼び出す方法や、オーダーできるアイテム情報はもちろん、WiiUの「無人島脱出」や3DSの「パネポン」など、ミニゲームの攻略法がしっかり書いてあるのは嬉しかったです。

ちなみに、WiiUと3DSの入手方法や、しずえやとたけけなどの3DSの特別なデザインの種類もカンペキに理解できますよ!

追加住人の紹介

3つめの要素は、追加された住人の紹介です。

アップデートで追加になった住人達の特長や誕生日、好き嫌いやコーヒーの好み、口癖などが住人の画像付きで一覧になっています。

特に便利なのは住人の「来訪条件」が書かれている所で、「この住人に来てもらいたい時はどうすればいいか」、というのが分かるのですごく便利ですよ。

アイテムデータ

最後の4つめは、追加になったアイテムのデータが書かれている所。これは、家具やかべがみ、ゆか、服、リメイク家具の新しい情報が分かりやすくリストになっています。

とび森のアイテムはこれまでもステキなものがたくさんありましたが、新しく追加されたものも、なんだか斬新で欲しくなるものばかりです。

アイテムリスト以外に2017年カレンダーもついていて、「ずっとずっと遊ぶ本」の名前の通り、長く遊ぶための情報がたくさん記載されていました。

薄くて大きくて読みやすくなった

『ずっとずっと遊ぶ本』を読んでみて、欲しかった情報が分かりやすく書かれているのも嬉しかったのですが、私が1番気に入った点は、本が大きくて薄いので読みやすいということです。

実は、今までにとび森の攻略本を3種類持っているのですが、3冊ともサイズが小さめで分厚くて、ちょっと読みにくいんですよね。

f:id:muhuhu:20161202150305j:plain

↑この違い、分かるでしょうか?

この『ずっとずっと遊ぶ本』なら持ちやすく読みやすく、しかも、開いたままにできるのでずいぶんラクチンになりましたよ。

初心者さんにおすすめはコレ!

『ずっとずっと遊ぶ本』が分厚くないのは、追加された情報をメインにして書かれてあるからなのです。つまり、基本的なことを詳しく書いていない分、ページ数を省けて読みやすくなっているんですね。

なので「これからとび森を始めよう!」っていう、まったくの初心者さんには、この本は向いていないかも知れません。

まずは基本的な情報も知っておきたいという人は、新しく発売されたとび森の攻略本のなかでは唯一、新人の村長さんのための基本情報も網羅している、電撃攻略本の『とびだせ どうぶつの森 amiibo+ ザ・コンプリートガイド』を買って下さいね。

他のamiibo+の攻略本はすべて、アップデートされた新しい情報をメインに構成されているので、基本的なことも知りたい人には電撃攻略本がおすすめです。

こちらの記事もどうぞ