どうぶつの森に移住しました。

どうぶつの森に移住しました。

攻略法・裏技・最新情報まとめ!

【最新情報】どうぶつの森アプリの配信日とゲーム内容・事前登録や課金についてのまとめ!

f:id:muhuhu:20170328180519j:plain

こんにちは、スフレ村のうさこです。

いよいよ2017年の4月に入ったので、『どうぶつの森アプリ』がいつ配信されてもおかしくありません!

どうぶつの森ファンのうさこは、来るべきアプリ配信に向けて情報をかき集めながらワクワクしているので、今日はこれまでに分かっている最新情報を整理してまとめておこうと思います。

この記事は情報が入り次第どんどん更新していきますので、「どうぶつの森のスマホアプリどうなったのかな〜?」って時に読んでみてくださいね。

スポンサーリンク
 

どうぶつの森スマホアプリの配信日

任天堂は『どうぶつの森スマホアプリ』の配信日について、「今期中に行なう」と明言しています。

今期とは2017年4月から2018年3月末のことを言いますが、任天堂の立場から考えれば、「最も効果的なタイミングでリリースしたい」と考えているでしょう。

昨年、世界的に大ヒットした「ポケモンGO」の日本での配信開始は、2016年7月22日で夏休みの直前でした。

また、「スーパーマリオラン(App Store)」も2016年12月16日と、冬休み直前にリリースしています。

「どうぶつの森」は、私のような大人世代はもちろん、小さなお子さんや学生さんなどにも広く愛されているゲームです。なのでやっぱりまとまったお休みの前にリリースされた方がユーザーは喜びますよね。

任天堂は今スマホアプリの開発にかなり注力しているため、主軸である「どうぶつの森」でつまづくことは絶対にしたくないはず。

ということで、『どうぶつの森アプリ』の配信日は5月の連休前か、7月の夏休み前になるのではないかというのが、うさこの予想です。

まぁ、予想ははずれても全然構わないので、「とにかく早くプレイしたい!」というのが本音ですけどね。

課金か購入か

『どうぶつの森アプリ』で課金があるかどうか、気になる人も多いですよね。

私が「スーパーマリオラン」と同じように「買い切り」じゃないかと感じるのは、任天堂の宮本茂さんがインタビューで、「子どもが安心してスマホを使うためには課金アプリじゃなく買い切りアプリの方が良い」と語っているからなんです。

つまり、課金方式だと子どもがゲームにはまっていくうちに知らず知らずにたくさんお金を使ってしまう可能性があるけれど、買い切りであればそれ以上お金はかからないので、どれだけゲームにはまってしまっても心配せずに遊ばせられると。

japanese.engadget.com

たぶん宮本さんは、スマホアプリの課金が子どもにとって悪影響じゃないかと考えているんだと思います。

だからきっと「どうぶつの森」でも無課金の買い切り購入で始めたいと思っているように感じます。

ただ、ひとつネックになるのは、「スーパーマリオラン」をダウンロードした人の中で購入した割合は5%強であったこと。

基本プレイを楽しんだ人のうち5%しか購入しないのは、ちょっと任天堂にとっては不安材料になったかも知れません。

とはいえダウンロード数は2017年2月はじめの時点で7800万ダウンロードなので、たとえ5%しか購入しなくても47億円の売上になっています。

日本価格で単純計算すると1200円×7800万×5%=約47億円の売り上げ。アップルの手数料30%を差し引くと、任天堂が手にする額は約33億円以上となります。

『スーパーマリオラン』は7800万ダウンロード、課金率は5%以上。さらに10%以上を目指す方針 - Engadget 日本版

スポンサーリンク
 

「とびだせどうぶつの森」との連携はある?

スマホアプリ版の「どうぶつの森」について、任天堂は、「長年愛されているゲーム専用機向けの「どうぶつの森」シリーズと何らかの形で連携させる」「両方遊んでもらうことで新たな遊びを提供したい」と発表しています。

ゲーム専用機向けの「どうぶつの森」とは、つまり「とびだせどうぶつの森」のことですから、とび森のプレイを続けながらスマホアプリの「どうぶつの森」をプラスすることで、新しい楽しみ方ができるよ、ってことなのですね。

オンライン島みたいな交流ができるかも

とびだせどうぶつの森では、村長として村を発展させたり家の中を自分好みにするほかに、「オンライン島」で他のプレイヤーと交流する楽しみもありますよね。

新しい『どうぶつの森アプリ』では、もしかしたらこういうプレイヤー同士の交流を、今よりもっと楽しめるのかも知れません。

オンライン島って、ランダムで色んな人と会えるのは良いのですが、島に入れるのは4人までだし、やれることも結構かぎられていますよね。

そういうのを改良して、もっとたくさんのプレイヤーと楽しくやり取りができるようになるんじゃないかと思います。

マイデザインの投稿やダウンロード

もうひとつ、「とびだせどうぶつの森」のプレイで人気があるのが、マイデザインを作ったりダウンロードしたりすることです。

私はダウンロード専門で、皆さんの素敵なマイデザインをいつも眺めて「すごいなぁ〜」って感心しているのです。

自分が作ったマイデザインをたくさんの人に見てもらいたいという人も多いでしょうし、可愛いマイデザインをたくさん見てみたいという人も多いと思います。

今回のスマホアプリでは、そうした「マイデザインでの交流」みたいなのも発展していくような気がするんです。

マイデザインのデパートみたいなのが出来て、色んなプレイヤーさんのデザインを展示して自由にダウンロードできるようになったら素敵ですよねぇ。

今は1人のプレイヤーで保存できるコード数が少なすぎるように思うので、その辺も改良して無制限にしてもらえたら嬉しいです。

情報お待ちしています!

今回は『どうぶつの森アプリ』について分かっていることをまとめました。

まだまだ不明な情報ばかりなのですが、毎日目を光らせていますので、いつか確定した最新情報をお伝えできると思います。

『どうぶつの森アプリ』の新しい情報、ウワサ、予想などなど、うさこに教えてあげたいことがありましたらコメントにお願いします。

スポンサーリンク